2014年2月10日月曜日

長谷部浩の劇評 2014年2月 歌舞伎座昼の部

歌舞伎座新開場から三度目の花形歌舞伎。今回も新しい時代の到来を実感させ、暗雲を吹き飛ばす小気味いい芝居となった。(東京新聞:<評>歌舞伎座「二月花形」(上) 場内静まる見事な弁天見顕し:伝統芸能(TOKYO Web))
二年前の名古屋での通しもみましたが、今回見て感じたことは歌舞伎座という大舞台に見合った芸の成長を感じました。どの役柄もそれぞれが粒立っていましたし、声の良い役者揃いで黙阿弥の心地よいセリフが気持よく響きました。