2014年3月24日月曜日

小玉祥子の劇評 2014年3月 新橋演舞場

民衆を救えぬ仏教のあり方に疑問を持ち、仏師をやめた十和が「見る者の仏性を引き出すような仏」作りを目指すまでの成長を、猿之助が明晰(めいせき)でリズムのあるセリフで描き出した。(歌舞伎:空ヲ刻ム者−若き仏師の物語 主人公の成長描く=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
主役も周囲の役者陣も大奮闘、スーパー歌舞伎Ⅱ先ずは成功といって良いでしょう。

ブログ アーカイブ