2014年6月14日土曜日

河村常雄の新劇場見聞録 2014年6月 コクーン歌舞伎

大詰「本郷火の見櫓」の幕切れは圧巻であった。大量の紙吹雪の中、3人の吉三が激しい立ち回りの末、壮烈な最期を迎える。それまでいささか薄味だった舞台が、一気に盛り上がった。(河村常雄の新劇場見聞録)
 「吉祥院」の場、七之助と松也が妖しい濡れ場をつくる・・・こういうところがワクワクしてきます。