2014年6月18日水曜日

大矢芳弘の劇評 2014年6月 コクーン歌舞伎

中村七之助のお嬢と尾上松也のお坊が釣り合いのよい新生のコンビで、百両を盗む「大川端おおかわばた」の詰め寄りは一触即発の緊迫感が凄すさまじい。そこに和尚が割って入り、義兄弟となった3人の「思えば儚はかない身の上だなァ」というつぶやきが身に浸しみる。しかし、いかんせん古典歌舞伎の舞台経験が浅い若手にとって、今後、古典と新演出の明確な演じ分けが課題になるだろう。([評]コクーン歌舞伎「三人吉三」(松竹) : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE))
黙阿弥の芝居がきちっと演じられた上で、新演出を試みるというのであれば納得なのですが・・・