2014年6月20日金曜日

七月歌舞伎座 中堅若手中心の一座に玉三郎の役割は大きい

「いつまでも私たちが舞台にいられるわけじゃない。口幅ったくは言いたくないですが、次の世代に期待したい。中車君にも注目しています。若い人たちのそばにいてひと言声をかけてあげる演出家的な役割が大切と強く感じています」(東京新聞:<歌舞伎>玉三郎、一座と熱い「七月」 若手にひと言 大切:伝統芸能(TOKYO Web))
玉三郎に抜擢された若い役者さんは、どれだけ励みになることでしょう。又お役の性根など一言アドバイスを頂くと格段に進歩します。本当に有難い存在です。でも、演出家としての玉三郎も結構ですが、まだまだ舞台が観たいですね。