2014年6月15日日曜日

石井哲夫の劇評 2014年6月 歌舞伎座

背景は歌舞伎味ふんだんも心理展開が現代劇さながらのリアリズムで見せる「名月八幡祭」。船頭三次(中村錦之助)と別れられない芸者・美代吉(中村芝雀(しばじゃく))にほれてしまう田舎商人・縮屋新助(吉右衛門)の純朴な恋心が世俗の垢(あか)で汚され狂うさま。本水使った殺し場の凄惨(せいさん)を、背景から昇る満月が平然と照らす。見事な幕切れ。(【鑑賞眼】歌舞伎座「六月大歌舞伎」 菊五郎、陶然とみせる実盛+(2/2ページ) - MSN産経ニュース)
本日昼の部に行ってきました。舞台写真が出ていました。夜の部は来週の予定なのですが、吉右衛門の本水を使った殺しの場の写真がすごく良かったので買ってしまいました。写真をみてもこの舞台がいかに素晴らしいか伝わってきました。