2014年6月28日土曜日

ようこそ歌舞伎へ 仁左衛門 寺子屋・身替座禅

松王丸が最初に駕籠から出てきたときに、玄蕃役がお辞儀することがあるのですが、私はお辞儀をさせないようにしています。松王丸は病気(仮病ですが)だから、駕籠に乗ってきているだけです。偉いから駕籠に乗って来たのではありません。
イヤホンガイドではこの説明があると思います。
お恥ずかしいことですが、初演の頃は、お客様に受けたい、という気持ちが勝っておりました。今はそんなことは一切いたしません。そのときの右京の心理を描写しているだけです。花子のもとから帰宅しての踊りでは、2人の逢瀬のほのぼのとした雰囲気を再現できればと思います。ご婦人方にしたら、右京というのは、きっと許せないような浮気者でしょう。そのお芝居をご婦人方が喜んでご覧になるのも、面白い現象ですよね。(歌舞伎美人 ようこそ歌舞伎へ「片岡仁左衛門」 4/4)
お客を笑わせようと思うと、つい行き過ぎて品がなくなりますね。ほのぼのとした色気は仁左衛門さんならではです。

ブログ アーカイブ