2014年6月18日水曜日

小玉祥子の劇評 2014年6月 コクーン歌舞伎

3人が初対面するのが「大川端」。おとせ(鶴松)から100両を奪い、川を見込むくだりで客席に背を向けていたお嬢は、装置の回転で正面になおる。お嬢とお坊は早い間で立ち回り、止めに入る和尚の勢いも激しい。黒御簾(みす)音楽もなく、様式を脱しているが違和感はない。演出の巧みさと脚本の強度を感じる。(歌舞伎:コクーン歌舞伎「三人吉三」 演出の巧みさと脚本の強度=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
世間からはみ出た若者の群像劇、テーマが明確に設定されたので、おなじみの狂言とは違った視点で面白い芝居になったのでしょう。
.