2014年6月12日木曜日

児玉竜一の劇評 2014年6月 コクーン歌舞伎

高揚感は、お嬢吉三(中村七之助)の登場から助走を始め、お坊吉三(尾上松也)との対決で迸(ほとばし)り、和尚吉三(中村勘九郎)との三つ巴(どもえ)で爆発する。速度の中に、一つ一つの言葉の意味を新しく読み取ってゆく「大川端」が今回の白眉(はくび)。激怒しながら喧嘩(けんか)を収める和尚吉三も、こんなに頻繁に男と女を演じ分けるお嬢吉三も、初めて見た。((評・舞台)コクーン歌舞伎「三人吉三」 新世代ならではの造形:朝日新聞デジタル)
この世代ならではの造形だろう、という評です。