2014年6月3日火曜日

中村児太郎、古代祝祭劇「太陽の記憶‐卑弥呼」の製作発表に出席

古代祝祭劇「太陽の記憶‐卑弥呼」(11月18日、東京・サントリーホールほか)
昨年11月から脳出血による筋力低下で休養している父・福助(53)について、児太郎は「非常に順調に回復しています。11月にはこの舞台に携わるべく頑張っています。多分大丈夫だと思います」と報告した。  洋楽器、邦楽器、舞踊などのコラボレーション舞台で、福助が演出を担当。児太郎は「父がずっと前から温めていた企画。今回、私が代わりにやらせていただく。すごく良い舞台になるだろうなと楽しみ」と意気込んだ。(中村児太郎 父・福助の回復順調を報告/芸能/デイリースポーツ online)
洋楽とのコラボの舞踊劇は福助の得意分野。どんな舞踊劇になるのか楽しみです。順調に回復と聞いてホッとしました。