2014年6月12日木曜日

彌十郎、「やごの会」開催の思いを語る

「これまで勉強してきたことを、おもてだってやってみたいという気持ちと、勉強し直したい気持ち。また、祖父の十三世守田勘弥が挑戦したものもやっていきたい」と、初めてとなる自主公演への思いを語った彌十郎。そして、猿翁、玉三郎、十八世勘三郎という3人のもとで「いろいろな演出を学び、新しいものをつくったり古典の復活などを勉強させていただいたので、発表する場をつくりたいと思って」、今回の公演を決めました。(彌十郎、新悟自主公演「やごの会」のお知らせ | 歌舞伎美人(かぶきびと))
私は「関の扉」が楽しみです。彌十郎さんの関兵衛と新悟君の墨染、関兵衛の太い豪放的な感じと墨染の儚い美しさがぴったりです。