2014年6月12日木曜日

小玉祥子の劇評 2014年6月 歌舞伎座

夜は「蘭平物狂(らんぺいものぐるい)」から。松緑の蘭平は線が太く、息子繁蔵(左近)への愛情を見せた。初舞台の左近はセリフがしっかりとしている。菊五郎の行平、時蔵のおりく、菊之助の水無瀬御前、団蔵の与茂作が周囲を固める。立ち回りが見事だ。(歌舞伎:六月大歌舞伎 吉右衛門、鬼気迫る=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
NHKのテレビで大河君にお稽古つけているところを見ましたが、なかなか厳しい。蘭平をやるのは最後かもしれない。息子にきちっと見せておきたい。多分、父辰之助が亡くなった年になるという気持ちがあるからだと思いますが、まだまだ、蘭平やってほしいです。