2014年6月8日日曜日

最初の演目は「橋弁慶」 写真あり

最初の演目は「橋弁慶」。開演前、「夕日の陰りや雲の出方など当時を想像しながら演じる面白さがある」と話していた海老蔵さんは武蔵坊弁慶役で、華麗になぎなたをさばいたり、大見えを切ったりした。樹齢2600年の神木クスノキが背後を飾った。(愛媛)海老蔵がしまなみで「見得」 今治の特設舞台:朝日新聞デジタル)
素踊りで薙刀を持っての豪快さが伝わってきます。日々、空や木々の緑に心を留めているので、きっとこの場所でのイメージをふくらませて踊ったことでしょう。