2014年6月5日木曜日

天野道映の劇評 2014年6月 歌舞伎座

昼「お祭り」は開幕前から大きな拍手が湧き、浅葱(あさぎ)幕が落ちると、けがの癒えた仁左衛門が少しはにかんで立っている。この人は観客に愛されている。歌舞伎は誠に一期一会の連鎖。((評・舞台)歌舞伎座「六月大歌舞伎」 復帰の仁左衛門、拍手が包む:朝日新聞デジタル)
幕が開く前から浅葱幕が落ちる瞬間を待っています。「チョン!」