2014年6月9日月曜日

河村常雄の新劇場見聞録 2014年6月 歌舞伎座昼の部

続く「実盛物語」は、木曽先生義賢の妻・葵御前とその子・義仲を救う平家の武将・実盛に菊五郎。花道の出から生締の似合う立派な裁き役ぶり。物語を持ち前の口跡のよさで聴かせる。時代の貫録と共に世話の柔らかさがあり、舞台は甘露。文句なく一級品。菊五郎の実盛、左團次の瀬能は最高の組み合わせだ。→瀬尾の間違いですね。
生締の似合う役者、品と華を兼ね備えている菊五郎の実盛です。
幸四郎は、幕府の沙汰を静かに待つ内蔵助を造形した。「初一念」の台詞が心に響く。優しさを内包しているのも魅力。若い配下の恋に父性愛の如き眼差しを注ぐ。幸四郎内蔵助の武士道に厚みを加えている。
孝太郎は、命を賭けて愛を確かめるおみのの熱い想いを舞台いっぱいにぶつけた。激しい演技だが、矩を越えないうまさがあった。  錦之助も、極限状況下の十郎左衛門を熱演、孝太郎と共に、「偽りを誠に変え」て泣かせる。  おみのを男装させて邸内に導き入れた堀内伝右衛門の彌十郎も好演である。おみのを潜入させた理由として語るおみのの父・乙女田杢之進の悲話は胸を討つ。彌十郎は、このところ外れがない。  (河村常雄の新劇場見聞録)
幸四郎の大石に共演の役者がまた良いとのこと。見応えある真山青果劇です。