2014年6月9日月曜日

仙台の思い出(秀太郎歌舞伎話)

仙台には限りないほど色々と思い出があります。初めて出して頂いたのは50年以上前でしょうか…。藤崎百貨店の友の会公演。電力ホールか何かの上階の劇場で、「番町皿屋敷」、父の播磨で「お菊」と「吉野山道行」、岩井半四郎さんの忠信で静を踊っていました。この一座に寿猿さんもいたそうです。まだ10代の孝夫と一緒にホテルラウンジで奏でられるピアノ「ブーベの恋人」に聞き惚れていたのを思い出します。(秀太郎歌舞伎話)
 「ブーベの恋人」そう言えば流行りましたね。
地震は大丈夫だったようで安心しました。