2014年9月8日月曜日

河村常雄の劇評 2014年9月 新橋演舞場

若い松也は、父・吉宗との再会を果たした後の花道の引っ込みに、歌舞伎役者らしい思い入れがある。  時代劇の面白さを堪能させてくれる2場であった。(舟木一夫特別公演評: 河村常雄の新劇場見聞録)
舟木一夫、林与一、田村亮に囲まれ一際美しい天一坊を演じている松也は、花道の引っ込みで本領を発揮したようです。