2014年9月21日日曜日

【花形出番です】 自分の引き出し埋めるために 歌舞伎俳優・中村米吉さん(3)

今年の3月、歌舞伎座での「日本振袖始(にほんふりそではじめ)」の稲田姫のお役で、初めて(坂東)玉三郎のお兄さんとご一緒させていただきました。八岐大蛇(やまたのおろち)の生贄(いけにえ)になるお役ですが、お兄さんは初めてのお稽古から厳しく教えてくださり、公演中も毎日のように化粧の仕方から衣装の扱い、鬘(かつら)のことなども細かいところまで全部教えてくださいました。(【花形出番です】自分の引き出し埋めるために 歌舞伎俳優・中村米吉さん(21)(3)+(1/2ページ) - MSN産経ニュース)
玉三郎さんのご指導は厳しく、的確で女形としての修行の始まり、“この数年”が大事な時。これからが楽しみです。