2014年9月12日金曜日

河村常雄の文楽評 2014年9月 国立小劇場

河村常雄の新劇場見聞録
前の新作「天変斯止嵐后晴」もそうだったが、太夫、三味線、人形遣い、いずれもが常にも増して生き生きしているように見える。文楽の新しいエネルギーを生みだしている。新作を創る意義はここにあるのだろう。(河村常雄の新劇場見聞録)
賛否いろいろあると思いますが、新作を創っていくのは、今を生きる文楽座の証しです。