2014年9月5日金曜日

吉右衛門が映画『柘榴坂の仇討』出演

特に本作では、主君井伊直弼を守り切れなかった金吾が13年もの間、仇討のために生きてきた理由が、その主君の人柄、存在に象徴されるため、大老のせりふの一つひとつにも重みが増してきます。  時代の流れの中、単なる仇討では終われない複雑な心の動きが表現され、見ごたえのある一作となっています。(吉右衛門が映画『柘榴坂の仇討』出演 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
吉右衛門なら大老の深い心の奥を表現して、作品に重みを与えることでしょう。