2014年12月4日木曜日

12月歌舞伎公演 初日を迎えました

『伊賀越道中双六』は、曽我兄弟の敵討ちや赤穂浪士の討ち入りと並ぶ日本三大仇討ちのひとつ〈伊賀上野の仇討ち〉を題材に採っています。  今回は、名場面でありながら戦後の歌舞伎では二度しか上演されていない「岡崎」(山田幸兵衛住家)が、四十四年ぶりの待望の上演で注目を集めています。(12月歌舞伎公演 初日を迎えました | 独立行政法人 日本芸術文化振興会)
各幕、舞台写真入りの説明が書いてあります。