2014年12月7日日曜日

渡辺保の劇評 2014年12月 国立劇場

今度の吉右衛門、 歌六が古い芝居に現代の人間にも通じる普遍的なドラマを発見したことにもよ るのである。私が今度の舞台を大成功という理由である。(2014年12月国立劇場)
62年ぶりの岡崎は期待通りのようです。