2014年12月12日金曜日

天野道映の劇評 2014年12月 歌舞伎座

「毛抜」の粂寺弾正は、見た目は祖父十一代目団十郎そっくりで、めまいを誘う。しかし芸はずいぶん違う。十一代目の風格。初代白鸚の父性。二代目松緑の豪放磊落(ごうほうらいらく)。これらの舞台に比べると海老蔵は誠に軽い。他の役も同様である。「鳴神」では、玉三郎の雲の絶間姫が、赤子の手をねじるように鳴神上人を堕(お)としてしまう。  海老蔵の軽さは、アイドルに似ている。それはそれで可愛いが、いつまでも通用するものではない。歌舞伎の本来の魅力は別のところにある。((評・舞台)歌舞伎座「十二月大歌舞伎」 玉三郎の真剣さ、海老蔵の軽さ:朝日新聞デジタル)
海老蔵も良い素質を持っています。まだまだ精進が足りないのでしょう。歌舞伎は魔物です。そう簡単に結果はでません。長い目で見守っていきましょう。