2014年12月12日金曜日

長谷部浩の劇評 2014年12月 歌舞伎座

愛之助は、すでに持ち役。ばったりと組んだ戸板が落ちる「戸板倒し」、前のめりに倒れる「仏倒れ」と身体を張っての奮闘だ。
愛之助初演の時から出色、この狂言は彼の持ち役になるだろうと思っていました。愛之助十選が将来設定されるなら、「義賢最期」は問題なく選ばれるでしょう。
従来の振りとは異なり、全編ゆったりとしている。ひたすら優雅ではあるが、めりはりがないのが残念だ。
やはり、尾上菊之丞の振り付けが素晴らしいということになりますね。
玉三郎の雲の絶間姫、亀三郎、亀寿の白雲坊、黒雲坊を得た「鳴神」=「北山岩屋の場」がさすがに出色の出来。海老蔵が、重みのある高僧が堕落していく過程を活写し説得力がある。玉三郎は亡き夫の思い出を語る仕方噺(しかたばなし)が色気たっぷりで巧み。鳴神上人ならずとも誘惑されるだろう。(東京新聞:<評>歌舞伎座「鳴神」など うっとりさせる玉三郎:伝統芸能(TOKYO Web))
これは歌舞伎を初めて見る方にも、何十年も見てきた方にも是非観てほしいです。This is The KABUKI!です。