2014年12月12日金曜日

児玉竜一の劇評 2014年12月 国立劇場

吉右衛門の政右衛門は、緊迫感あふれる物腰が、師匠夫婦の前では子どもの頃に戻る配分が絶妙。煙草(たばこ)の葉を刻みながら、屋外のお谷の言葉に耳を傾けるあたり、繊細な芝居で、育ての親への恩義と、妻の親への報恩と、二つに引き裂かれる絶体絶命を見事に体現する。((評・舞台)国立劇場「伊賀越道中双六」 吉右衛門の繊細さ、「岡崎」で際立つ:朝日新聞デジタル)
国立劇場ならではの「岡崎」復活の通しで見応えあります。