2014年12月14日日曜日

石井啓夫の劇評 2014年12月 国立劇場

政右衛門初役の吉右衛門以下、出演陣のバランスが適材適所で一等の出来栄えだ。悲願のためには全て善、周囲の悲惨はお座なりで済ます武家社会の理不尽さに顔をしかめつつ、俳優たちの悲喜こもごもを表現する演技に酔わされてしまう。
「遠眼鏡」の場が正反対の笑いを誘って救われる。奴・助平(すけへい)の中村又五郎が名前通りの色好みで愉快。そして、志津馬に一目ぼれする茶店の娘実は幸兵衛娘・お袖の中村米吉がなんともかわいい。菊之助の美男ぶりと初々しく絡み、客席からため息がもれる。(【鑑賞眼】国立劇場「伊賀越道中双六」 適材適所の俳優陣、一等の出来栄え - 産経ニュース)
見終わって一番思い出すのは 「遠眼鏡」の場です。「岡崎」は見応えあるとはいえ、内容が悲惨で、付いていくのがやっとという感じでした。