2014年12月1日月曜日

宮本武蔵の妖怪退治伝説が残る、姫路城が舞台の新作「幻武蔵」

天守の主、小刑部(おさかべ)明神(尾上(おのえ)松也)と向き合う武蔵の前に、分身のように幻の武蔵が10人以上も登場。幻と群舞のような立ち廻りを見せるなど、「己との戦いを幻想的に見せる新しい試みになりそう」(獅童)という異色の舞台だ。  玉三郎が長らく舞台化構想を温めていた作品で、玉三郎自身も淀君の霊役で出演。玉三郎がライフワークとして取り組む泉鏡花作品の世界に近く、同じく姫路城天守閣が舞台の「天守物語」に通じる物語だという。(十二月大歌舞伎 獅童が「幻武蔵」 「己との戦いを幻想的に見せる新しい試み」 - 産経ニュース)
武蔵・幻想的・玉三郎ーこの3つから舞台がなんとなく想像できますね。