2014年12月10日水曜日

愛之助が語る「第六回 システィーナ歌舞伎」

そして、どんなに新しい挑戦をしても、回を重ねても、システィーナ歌舞伎で変わらないのが「かぶく心」。愛之助はシスティーナ歌舞伎の魅力を「礼拝堂の壁画と出演する俳優、両者の魅力」と語り、大和も「礼拝堂の中の舞台ということが素晴しい」と出演を楽しみにしていました。(愛之助が語る「第六回 システィーナ歌舞伎」 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
坪内逍遥って素晴らしいですね。和と洋、長唄「鶴亀」を洋楽と合奏したり、今回のは論文「百合若伝説の本源」からヒントを得たそうです。