2014年12月14日日曜日

こんぴら歌舞伎公演発表 チケット販売開始日

午前11時開演の1部は、金丸座では初の演目で江戸時代に起きた殺人事件を題材にした「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」。菊之助さんが二枚目で難役の福岡貢を演じ、妖刀に操られるように次々と人を切っていく立ち回りの場面は見応えがある。その後は、歌舞伎舞踊の中でも人気を誇る「道行初音旅(みちゆきはつねのたび)」。歌舞伎の三大名作と言われる義経千本桜の中の一場面を描く。桜満開の吉野山を背景に三味線の合奏や佐藤忠信に扮(ふん)した松緑さんや、豪華絢爛(けんらん)な衣装に身を包んだ静御前が美しく舞う。  
午後3時半開演の2部は、陰陽師(おんみょうじ)として名高い安倍晴明の伝説をもとにした作品。時蔵さんが「芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」の葛(くず)の葉を演じる。安倍保名に救われた狐(きつね)が姿を変えた葛の葉と人間の葛の葉姫の二役を演じ分ける早替わりや夫婦の情などを見せる。続く「曽我綉※御所染(そがもようたてしのごしょぞめ)」では、菊之助さんの御所五郎蔵を相手に、松緑さんが敵対する星影土右衛門を演じ、せりふのやりとりなど様式美あふれる名場面が楽しめる。(中村時蔵さん初の座頭/こんぴら歌舞伎公演発表 | 香川のニュース | 四国新聞社)
演目(演目と解説 | 公演情報 | こんぴら歌舞伎)
出演者プロフィール(出演者プロフィール | 公演情報 | こんぴら歌舞伎)
時蔵・松緑・菊之助・亀三郎・龜寿・松也・梅枝・右近が出演します。
チケットホン松竹・チケットweb松竹での取扱について 平成27年2月26日(木)10:00より販売開始(琴平町での入場券取扱い | 入場券の販売方法 | 公演情報 | こんぴら歌舞伎)