2014年12月20日土曜日

<かぶき彩時記>「松浦の太鼓」 人間味満点の殿様

「松浦の太鼓」は、赤穂浪士の討ち入りを心待ちにする松浦侯(こう)という殿様が主人公。浪士のリーダー・大石内蔵助(くらのすけ)とは若い日に兵学の門弟同士で、その屋敷は、討ち入りの目標・吉良家の隣という設定。(東京新聞:<かぶき彩時記>「松浦の太鼓」 人間味満点の殿様:伝統芸能(TOKYO Web))
実に後味の良いお芝居です。勘三郎の松浦候を思い出しますね。