2014年12月12日金曜日

皆さんに『鴈治郎や』と思っていただけて、初めて鴈治郎になれる

上方歌舞伎の鴈治郎としての責任は重いが、「江戸の歌舞伎があっての上方歌舞伎だと思っている。成駒屋にとって上方歌舞伎は“歌舞伎の一部”という考え。上方の役者だから上方のものができるという考え方ですが、問題は息子の(中村)壱太郎(かずたろう)の時代になると上方に役者は誰もいないという状態になる」と危機感も募らせる。  東京に生まれ育った翫雀が今秋大阪に引っ越した。「それだけで変わるものではないが、上方に根付くというか、自分の感性の中に上方味を加味したいと…」と話す。(東京新聞:<歌舞伎>上方味「鴈治郎はん」に 翫雀 わくわく 大阪に転居、来月襲名:伝統芸能(TOKYO Web))
その土地の空気、人情など住んでこそ分かるものです。大阪に引っ越したことで鴈治郎の色を作っていく覚悟を感じます。