2014年12月12日金曜日

歌舞伎この一年 小玉祥子

主軸となったのが大幹部と呼ばれるベテラン世代。それぞれにあたり役を演じて気を吐いた
場を得た中堅、若手も伸びを見せた。橋之助は「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の仁木弾正で存在感を示し、染五郎は「勧進帳」の弁慶を初演、菊之助は弁天小僧、松緑は「蘭平物狂(らんぺいものぐるい)」の蘭平などあたり役に磨きをかけ、海老蔵は「天守物語」の図書之助を好演し、自主公演で新作に挑んだ。  勘九郎、七之助はシアターコクーンの「三人吉三」、「十七世、十八世勘三郎追善」公演で実力を発揮。猿之助は新橋演舞場と明治座で2カ月続きの座頭公演を果たした。その猿之助が生み出したスーパー歌舞伎2「空ヲ刻ム者−若き仏師の物語」(前川知大作)が、本年の新作歌舞伎最大の収穫であった。(歌舞伎・演劇:この1年 中堅や若手伸び、社会情勢を反映 - 毎日新聞)
ここ数年の訃報に加え、病気療養中の俳優もいますが、その反面、中堅、若手花形が伸びたのはうれしいことです。振り返ってみると魅力的な舞台が多く、どの舞台も印象に残っています。役者の皆さんに「ありがとう。」と御礼申し上げます。