2014年12月27日土曜日

正月らしく「八犬伝」 菊五郎一座「華やかに」

過去三回、八犬士の一人、犬塚信乃を持ち役にしていた菊五郎が今回は初役で道節を勤め、全体監修もする。「信乃の出立を正月とし、『円塚山』の場面は雪景色にするなど、季節感を強く出したい。道節の操る火遁(かとん)の術は派手なものに。立ち回りは、中国の剣舞のようなものもできたら…」。初めて歌舞伎を見る人にも飽きさせない工夫を随所にちりばめているという。(東京新聞:<歌舞伎>正月らしく「八犬伝」 菊五郎一座「華やかに」:伝統芸能(TOKYO Web))
日常生活では、お正月らしい気分は少なくなってきましたので、舞台で春らしく華やかな雰囲気が見られるのはうれしいです。