2014年12月12日金曜日

<かぶき彩時記>「仮名手本忠臣蔵」 「太平記」に置き換え

太平記では、足利家の執事の師直が、判官の妻・顔世(かおよ)に横恋慕、拒絶されたのに腹を立て、判官を死なせますが、「仮名手本忠臣蔵」でも刃傷事件の発端は師直の横恋慕が原因。(東京新聞:<かぶき彩時記>「仮名手本忠臣蔵」 「太平記」に置き換え:伝統芸能(TOKYO Web))
12月14日は討ち入りの日。テレビでも忠臣蔵の映画が放送されます。歌舞伎では「仮名手本忠臣蔵」といって太平記の世界で書かれています。人名が元の名にどこやら似ているような・・・