2015年3月8日日曜日

渡辺保の劇評 2015年3月 歌舞伎座夜の部

昼夜通して松緑が源蔵一役というのは配役が偏っているが、あまり目をきか せる点をのぞけばいい源蔵である。ことにうまいのは、「うてば響けの内には 夫婦」で、表に気を取られて出てくる体の緊迫感、その体が崩れて片足を落し て戸浪を刀で抑える体の動き。さすがに踊りできたえたウデで、体で芝居をす るうまさである。(2015年3月歌舞伎座夜の部)
配役発表の時に、これ一役とはオカシイと思いました。