2015年3月23日月曜日

菊之助 大手町座舞踊公演「北州」「鷺娘」

“ビジネスの街、大手町で舞台芸術の粋を”と、今回で第17回を迎える「大手町座」では、3年ぶり2度目の出演となる菊之助が『鷺娘』と、素踊りでの清元『北州』を披露します。  『鷺娘』は白無垢姿の静かな踊りから、引抜きで町娘となって幸せな恋の思い出を華やかに踊り、最後は白鷺の精となって道ならぬ恋ゆえの地獄の責め苦のうちに息絶えるまで、変化に富んだ構成でみどころにあふれる女方舞踊の大曲の一つです。  『北州』は祝儀曲として披露されることが多く、吉原の四季の行事を折り込んだ清元です。ぜひこの機会に、劇場へ足をお運びください。
一、『北州』(ほくしゅう)    立方:尾上菊之助
二、『鷺娘』(さぎむすめ)    鷺の精:尾上菊之助
(菊之助が「大手町座」で『北州』『鷺娘』披露 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
素踊りでは大変難しい「北州」を踊ります。土用の暑い時期に雪景色を見て暑気払い!