2015年3月22日日曜日

京都・南座の「市川海老蔵特別舞踊公演」取材会

歌舞伎俳優市川海老蔵(37)が22日、大阪市内で、京都・南座の「市川海老蔵特別舞踊公演」(4月17~25日)の取材会を行い、抱負を語った。今回は人気演目「身替(みがわり)座禅」の浮気な男、山蔭右京役を初めて演じる。
同公演は4代目を襲名した市川九團次(42)の襲名披露も兼ねる。(浮気な海老蔵、妻麻央欺き夜遊び「頑張りたい」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース)
一時は歌舞伎を離れるなどの紆余(うよ)曲折を経て、再出発となる九團次は「成田屋さんの大切な大きなお名前です。この大きな名前に一日でも早く見合う役者となりますよう、一意専心、脇目もふらず頑張って参ります」と決意表明した。  海老蔵は「さまざまな(名前の)候補はあった」と明かし、「彼も四十過ぎなので、出世名より落ち着かせる名前でどんどん芸を深めるということ。九團次は頑張らなくてはいけない名前。いい名前だと思います」と期待を寄せた。(市川九團次 トラブル経て襲名「脇目もふらず頑張る」…海老蔵のツッコミに焦る (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース)
九團次、良いお名前です。成田屋を盛り立てていっていただきたいです。