2015年3月28日土曜日

東京新聞 ムービーアングル(矢崎由紀子)利休忌

興味深い記事が載っていました。利休は天正19年旧暦2月28日に切腹して果てました。毎年3月27、28日に京都の大徳寺で追善茶会が催されます。利休を書いた小説を映画化したものがあります。
以下3本の映画で利休の人物像を見比べるのも面白い。「利休」の三國連太郎は政治家。「利休にたずねよ」の市川海老蔵はロマンチスト。「千利休」の三船敏郎は求道者の側面を強調した演技を楽しませてくれる。(東京新聞2015年3月27日付夕刊  ムービーアングル(矢崎由紀子)利休忌

  • 千利休 本覺坊遺文(1989年、東宝 監督:熊井啓 原作:井上靖 演:三船敏郎 
  • 利休(1989年、松竹 監督:勅使河原宏 原作:野上彌生『秀吉と利休』 演:三國連太郎)
  • 利休にたずねよ(2013年、監督:田中光敏 原作:山本兼一 演:市川海老蔵)(千利休 - Wikipedia)