2015年3月9日月曜日

博多座夜の部「芸道一代男」

初代鴈治郎が世に出るまでを描いた川口松太郎原作、郷田悳脚本の作品で、昭和16年に京都南座で初演し、当時扇雀と名乗っていた二代目鴈治郎が玉太郎(後の初代鴈治郎)を演じた。
「わが芸道を貫く名は雁二郎」と自力でこの道を生き抜く決心を固めた(中村翫雀改め四代目中村鴈治郎襲名披露 六月博多座大歌舞伎 |公演案内|福岡の演劇専用劇場 博多座)
とても襲名にふさわしい演目ですね。