2015年3月23日月曜日

芝居あれこれ 第3回『髪結新三』の髪結道具

第3回は、『梅雨小袖昔八丈』の序幕「白子屋見世先の場」で、主人公・新三が忠七の髪を撫で付ける時に使う髪結道具をご紹介します。  廻りの髪結は、自分の髪結道具一式を持って得意先の商家などを訪問し、店の主人や奉公人の髪を結っていました。新三も持ち歩いている引き出し付きの道具箱は、髪結の仕事には欠かせないアイテムです。(平成27年3月歌舞伎公演特設サイト|国立劇場)
いろいろ工夫されていますね。