2015年3月28日土曜日

七之助が松尾芸能賞新人賞受賞

授賞式では、十代の頃は重い衣裳で立役のように舞台で発散できない女方がつらくて好きではなかったが、玉三郎に「どんなときでも気持ちが動いていないと、じっとしている間も心を動かしていないと場面が死ぬ」と教えられ、その言葉をきっかけとして役の奥深さや歌舞伎の魅力に目を見開かされた、というエピソードも紹介されました。(七之助が松尾芸能賞新人賞受賞 | 歌舞伎美人(かぶきびと))
ますます女形に磨きがかかりますね。