2015年3月23日月曜日

小玉祥子の劇評 2015年3月 国立劇場

橋之助は浴衣姿の花道の出に、いっぱしの悪党気取りの粋がりを見せ、源七に隙(すき)があれば襲い掛かろうという緊迫感を出した。長兵衛には持ち上げられてやり込められる。表情の変化が鮮やかで、お熊への熱を帯びた視線もいい。(歌舞伎:「髪結新三」「三人形」=評・小玉祥子 - 毎日新聞)
長身のスッキリした新三。世話物にもっと挑戦していってほしいです。