2015年3月4日水曜日

おまきが行く 去り際に見た三津五郎さんの生き様(武藤まき子)

闘病生活での娘たちのサポートをうれしそうに話す姿は、やっと見せた家族の絆。最期まで大げさにすることなく、静かに命をまっとうした。これが三津五郎さんの生き様だ。しかし、寂しさはこれからやってくる。ひな祭りに弔い酒、粋な別れもいい。
(【おまきが行く】去り際に見た三津五郎さんの生き様 (2/2ページ) - 芸能 - ZAKZAK)
“その時義経少しも騒がず~” 船弁慶の詞章が頭に浮かぶ。最期を覚悟しても心静かに旅だった、花道を去る姿に大きな声で大和屋!