2015年4月18日土曜日

矢内賢二の劇評 2015年4月 歌舞伎座

近くは「沼津」の平作と「先代萩」の八汐で当てた新鴈治郎。祖父の二代目に似てまた異なる、やや硬質な持ち味のこの人なら、初代の当たり役のうちでも時代物にいいものが生まれるのではないだろうか。新しい鴈治郎の出発にエールを送りたい。(東京新聞:<評>歌舞伎座四月公演 期待ふくらむ新鴈治郎:伝統芸能(TOKYO Web))
劇評家が変わったようです。四代目鴈治郎にエールを送りたいと、先が楽しみです。