2015年4月20日月曜日

上村以和於の今月の舞台 2015年4月

『六歌仙』を見ながらつくづくと思ったのは、これが現在能う限りの大顔合せなのだということであり、その意味である感動に襲われた。つい二年前のこけら落しで『喜撰』を踊った記憶に新しい三津五郎は既にない。しかしいまここにこうして、これぞ大歌舞伎と言い得るだけの豪奢を感じさせる『六歌仙』が目の前に繰り広げられてゆく,という思いである。(演劇評論家 上村以和於オフィシャルサイト)
歌舞伎座、平成中村座、新橋演舞場他、各座の評がでています。