2015年4月3日金曜日

河村常雄の劇評 2015年4月 平成中村座

昼の部は「魚屋宗五郎」である。勘九郎の主人公・宗五郎は、江戸の風を運んでくる。これは菊五郎や勘三郎の得意技だ。妹を思う兄の心情、酒に酔うにつれ高まる横暴な磯部への怒りがよく出ている。
河村常雄の新劇場見聞録(河村常雄の新劇場見聞録)
橋之助は弁慶より長兵衛が良いとのこと。