2015年4月18日土曜日

渡辺保の劇評 2015年4月 歌舞伎座昼の部

芝雀のお梶が、無駄なことを一切せずに、キッチリ踊って引き締まったいい 出来である。今月、夜の部の小春といい、このお梶といい、この人大当たりで ある。(2015年4月歌舞伎座昼の部)
「京屋!京屋!」の大向うに応えるごとく、今まで控えめだった芝雀が一転「華」が咲きました。来年の襲名が楽しみです。成駒家一家は皆家の芸をたっぷりと演じて、上方狂言のテイストが出ています。六歌仙は歌舞伎座ならではの豪華メンバー、実に楽しいです。