2015年4月18日土曜日

渡辺保の劇評 2015年4月 平成中村座夜の部

夜の部一番の見ものは二番目の「湯殿の長兵衛」である。  橋之助の長兵衛は、序幕村山座は観客にも坂田にも水野にも卑下する愛嬌が 足りないが、二幕目の花川戸の長兵衛内の場は、一人になってのせりふといい、 煙管をくわえて目を寄せてきまる具合といい、いい長兵衛である。この長兵衛 のよさは床の竹本に持ち味が馴染んでいるところである。大詰に風呂へ入れと いわれての思い入れもきいている。(2015年4月平成中村座)
勘九郎の踊りは父親を彷彿させるので、ファンも大喜びでしょう。