2015年4月18日土曜日

渡辺保の劇評 2015年4月 歌舞伎座夜の部

ところが新鴈治郎の治兵衛は格別色男ではない。 普通の男。しかし三人と違って人間味がある。成駒屋四代にしてはじめて人間 紙屋治兵衛が生まれたといってもいい。私が新鮮というゆえんであり、新鴈治 郎の出発にふさわしい「河庄」である。(2015年4月歌舞伎座夜の部)
代々の鴈治郎とは違った人間味のある治兵衛を演じているとのこと。ドラマとしてみても面白みがあるかも知れません。