2015年4月25日土曜日

Anegoby米吉

さて、中日劇場での公演も後少しになりました。 今月は昼の部の『雪之丞変化』で今まで勤めたことのない様な 軽業のお初   という蓮っ葉な姉御肌の女スリのお役を勤めております。
今日中日劇場に見に行ったところです。
カワイイお役だけではなくこんなお役もとっても良かったです。
将棋の駒をあしらった着物に真っ赤な献上帯という仇なというか、まず堅気には見えない拵え(笑)   これが序幕の衣装で、二幕目、三幕目と幕ごとに変わる衣装は猿之助兄さんのお見立てです。
お見立ても猿之助さんとやら、スミズミまで目が行き届いているんですね。どれも似合っていましたが、同じ衣装でないというのが米吉さんの存在が目立って良かったです。
今回の『雪之丞変化』は猿之助兄さんのために書き下ろされた新作。   兄さんに色々とうかがいながら、父にもアドバイスを求め、もちろん自分の考えも入れつつ作ってきました。 稽古の間だけでなく、初日が開いてからも色々な工夫を加えたり戻したり…。   普段まずやらないような役柄であることもあいまって、本当に毎日楽しくお初姉御を勤めていました(´∇`)     そして、そのお初姉御を毎日楽しく勤められたもうひとつの理由がこちら。萬太郎兄さん演じる、お初の子分の  むく犬の源次  です。     出番のほとんどがこのコンビでの登場で、先輩であり親戚のお兄ちゃんでもある萬太郎兄さんを、あごで使い、上前をはね、やれ「バカ!」だ「役立たず」だと罵声を浴びせたりしておりました(笑)(歌舞伎役者 中村歌六 米吉 龍之助|オフィシャルサイト | Anego)
劇中劇が墨染と八重垣姫の奥庭人形振りと実においしいチョイス!宙乗りも行きは凧にのって、帰りは傘を持って、大サービス。若い役者さんたちがみんな楽しんで取り組んでいるのが、観客に伝わってきて大変楽しかったです。